読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメ買い物思考

デジタル一眼レフカメラニコンD750にハマった男がいかにして買い物をしていくかを記録します

発売前の「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art」を試用しました! レビュー&レポート

3月25日に行われたシグマの「新製品体感イベント2017spring」。そこでなんと発売前のレンズ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art」を借りて自由に撮影することができました。

demcoe.hateblo.jp

申込書と免許証を一緒に受付に提出。ニコンマウントを指定すれば、ハイ4月7日発売予定の135mm F1.8が貸してもらえました。早速愛機D750に装着……。

f:id:demcoe:20170325180658j:plain

うーん、この存在感よ。長さは114.9mmですが、フード分でその1.5倍ぐらいですかね。重さは1,130gと1kg超え。なのですが、何故かそれほど重い感じはしませんでした。普段使っている24-120mmF4(710g)と同じぐらいだと思ってた。

 

定価は175,000円ですが、カメラ店では136,080円で売り出されるようです。シグマArtラインの単焦点レンズは大体10万円前後ぐらいですね。

 

この135mmという焦点距離、昔ほどは使われなくなったそうで。しかも開放F値1.8は他にないスペック。チャレンジングな製品と言えましょう。先日セミナーを受けたイルコ・アレクサンダロフさんが、「他にない写真を撮りたいからあまり使う人がいない135mmを使ってる」と言われてました。なかなか手強そう……。

 

本町駅のすぐ近くにある会場から少し足を伸ばし、うつぼ公園までやって来ました。バラや桜で有名な公園ですが、今の季節はあんまり……でも被写体を探して撮影。

 

せっかくの望遠単焦点。できるだけ開放F値で撮影します。さすがにボケがすごい。

f:id:demcoe:20170325175945j:plainf:id:demcoe:20170325175946j:plain

普段便利ズームに慣れているとついつい被写体に近づきすぎますが、このレンズは最短撮影距離0.875mです。

f:id:demcoe:20170325175948j:plain

最短撮影距離で人物を撮るとちょっとアップになりすぎる気がする。写真のぬいぐるみは結構大きい物です。人が座る用の椅子に腰掛けています。

f:id:demcoe:20170325175952j:plain

F1.8の威力を試すために同じ場所で絞りを変えて撮影しました。手持ちでしかもライブビュー撮影したので構図が変わっててすいません。まずはF2.8。大三元ズームとかだとこんな感じ。

f:id:demcoe:20170325175951j:plain

そしてこれがF1.8。ピントを合わせた花以外はほぼ形を失って、より主題が引き立ちますね。

f:id:demcoe:20170325175950j:plain

ただやっぱりピントを合わせた場所のキレは少し絞った方が良くなります。これとか花がちょっと気持ち悪い……。

f:id:demcoe:20170325175949j:plain

もう一つ驚いたのがピントがずれていないことです。サードパーティーレンズの弱点はピントのズレで、精度が悪いという意味ではなくカメラ本体と上手く合ってないことがあります。

 

中級以上のカメラならAF微調整機能がありますし、シグマもレンズ側のAF設定をPC上で変更できるUSB Dockを発売しています。でも今回試用するに当たっては時間も場所もないので何も調整していません。

 

で、ピントが狙ったところに合うかどうかちょっと試しました。花の名札の「ォ」に合わせて撮影すると……。

f:id:demcoe:20170325180703j:plain

ピッタリ合ってる! いや手持ちで撮影しているし、たまたまズレている分だけ自分が動いたのかも知れません。手持ちのD750と偶然相性が良かったのかも知れません。

 

でもここ最近のシグマレンズはブレが少なくなったとネットでも評価されているようで、今回の135mm F1.8もかなり精度良く作られているのではないでしょうか。

 

まあ、F1.8だとピントがシビアなので実際腕が悪かったり風で花が揺れたりして、ピントがずれてる写真もいっぱいありましたけどね。それはもう動いちゃってるんだから仕方ない。

 

ということで写りも精度も申し分なし。なのですがやっぱり135mmという焦点距離はかなり手強いと思ってしまいました。人と被らない写真を狙うならこういうレンズを使いこなしていかないとダメなんでしょうね~。

 

シグマ新製品体感イベント2017springで発売前の135mmF1.8やらHなカメラやらを触ってきた!

2017年3月25日、大阪は本町にてシグマのイベントが開催されました。題して「新製品体感イベント2017spring」。地元大阪で開催されるということで、喜び勇んで行ってまいりました。 

f:id:demcoe:20170325180657j:plain

どんなイベントだったかというと……

 

未発売の新製品である3モデルが触れる状態で展示してあります。

 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
 SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art
 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

f:id:demcoe:20170325175954j:plainf:id:demcoe:20170325175955j:plain

f:id:demcoe:20170325175956j:plainf:id:demcoe:20170325175957j:plain

これらは2月のCP+でも触ることができたのですが、あの時は各レンズに長い列ができており、24-70mmしか触れませんでした。今回は人が少ないのでゆっくり触れました。135mmはアダプターを介してソニーα7に装着された物もありましたよ。 

 

またオリジナルカメラアクセサリ展示と題してシグマ向けのアクセサリを作っているメーカーや個人(!)のアイテムが展示されていました。結構大きな場所を割いていてこれがメインみたいなレイアウトに。

f:id:demcoe:20170325175958j:plainf:id:demcoe:20170325180002j:plainf:id:demcoe:20170325175959j:plainf:id:demcoe:20170325180001j:plain

f:id:demcoe:20170325180000j:plain

バンナイズのポーチは良いとして3Dプリンタで作られたレンズフードやオリジナルの水中ハウジングとか、シグマ愛が強すぎる!

 

また、写真家礒村浩一先生のトークショーSIGMA sd Quattro H/新製品について」も行われていました。sd Quattroで撮影された長崎の池島という閉山された炭鉱の島(軍艦島じゃないよ)の写真は廃墟マニアでなくてもグッと来ましたね。

 

そして今やSIGMAといえば「飛びこめ!! 沼」ですよ。安倍吉俊先生のサイン、イラストが飾られていました。同人誌、単行本も内側にサイン入りです(係の方に見せてもらった。というか見せられた笑)

f:id:demcoe:20170325175953j:plain

 

#SIGMA新製品 というハッシュタグで本イベントについてつぶやくと粗品がもらえるキャンペーンも行われていました。「つぶやいてくれますよね!」と証明する画面を見せる前にもらってしまいましたが、約束通りつぶやきましたよ!

f:id:demcoe:20170325183700j:plain

粗品はフォベオン付箋でした。

 

さらには既発売のレンズ・カメラを借りることができ、1製品あたり1時間は自由に持ち出して撮影できる体験コーナーもありました。

 

しかも体験コーナー、当初は貸し出す予定の無かった新製品135mm F1.8 DG HSM | Artも貸してくれるという太っ腹SIGMA。当然真っ先に借りました。さらに戻っては借り、戻っては借りでレンズ3本、カメラ1台を使う事ができました。

 

キヤノンマウントのレンズは待ち時間が発生した物もあったようですが……ニコンは借り放題でしたね。各レンズの使い心地と実写データは別記事で公開します。乞うご期待。

f:id:demcoe:20170325180658j:plainf:id:demcoe:20170325180659j:plainf:id:demcoe:20170325180700j:plainf:id:demcoe:20170325180702j:plain 

 

クジラの骨でできた橋があるお寺。大阪市東淀川区・瑞光寺

f:id:demcoe:20170318182524j:plain

世界でも珍しいスポットが意外と近所にあることに気付き、行ってきました。大阪市東淀川区、上新庄にある「瑞光寺」です。阪急上新庄駅から徒歩10分弱です。 

住宅街の中にある小さいお寺なのですが、何が珍しいって境内にある橋です。欄干がクジラの骨でできているのです。雪鯨橋といういいます。まあ、境内の説明書きでは普通に「鯨橋」って書いてありますが。

www.city.osaka.lg.jp

現在の橋は6代目で2006年にリニューアルした物です。橋は50年周期で架け替えられるそうなのですが、11年目の現在でも結構風化しているような。アラフォーの私が次のリニューアルまで生きてられるかは微妙なところです。 

 

何故クジラの骨で橋を作っているかというと、ちゃんと謂われがあります。江戸時代に当時の住職さんが捕鯨で有名な和歌山県太地町で豊漁祈願をして、村を救った恩返しなんですね。

 

住職さんは殺生はいかんということで当初断っていたらしいのですが、村の窮状を見てやむを得ず祈願したとのこと。また送られてきた骨もクジラの供養のために橋にしたそうです。

 

現在の橋も調査捕鯨で得られた骨を太地町から譲り受けた物とのこと。境内に立て看板がありました。 

f:id:demcoe:20170318182520j:plain

尾びれっぽい形をしておりますが、そんな小さいわけはなく肩甲骨だそうです。

f:id:demcoe:20170318182519j:plain

まだ10年しか経っていない割に貫禄のある風化っぷり。大丈夫なんでしょうか。

f:id:demcoe:20170318182525j:plainf:id:demcoe:20170318182522j:plain

欄干に先ほどの肩甲骨が使われています。

f:id:demcoe:20170318182521j:plain

f:id:demcoe:20170318182523j:plain

お寺の入口にも立派な骨がゲートのようにそびえ立っていました。これが下顎の骨ですかね。すごい大きさです。

f:id:demcoe:20170318182517j:plain

江戸時代に作られた当初は橋その物が骨でできていたそうなのですが、さすがにそれは耐久性に問題があったのか石造りになっています。骨で橋を作るのも簡単ではなく、現在使われている骨も、2年間油抜きのために土に埋めるという下処理がしてあるそうです。

 

ホントに小さいお寺なのでここだけを目当てに観光に来るような所ではありません。何かのついでにコースに組み込むのが良いのではないでしょうか。上新庄だからな~。ラーメン屋さんのついでとか……。

 

ちなみに私、観光地などに行くと必ずと言っていいほど何らかの工事が行われているというジンクスがあります。それでなかなか名所の写真がスッキリとした形で撮れないのです。ちょっと前の仁和寺でも見事に工事が行われていました。

 

しかし今回のお寺の規模なら大丈夫だろう。そう思っていた時代が私にもありました。甘かったのです。冒頭の写真に写っている青いホース。そう。「工事」は行われていませんでしたが、「掃除」が行われていたのです……。

PAV関西2017でライティングの勉強をしてきたよ

ということで予告通りフォトアクセサリー・ビレッジ(PAV)関西2017に行ってきました。

demcoe.hateblo.jp

近鉄南大阪線矢田駅という初めて降りる駅から徒歩10分ほど。会場の日本写真映像専門学校が見えてきました。

f:id:demcoe:20170312232002j:plainf:id:demcoe:20170312232235j:plain

雲行きが怪しいですね。雨は降りませんでしたよ。学校なんて滅多に行かなくなりました。申し込んでいるセミナーは14時と15時開始。それまで1時間ほどありましたが、展示会を覗きたいのでちょうど良いかなと入場。

f:id:demcoe:20170312232255j:plainf:id:demcoe:20170312232316j:plain

PAVのバナーとクラシックなカメラがお出迎え。カメラの方は元々学校にある物でしょうね。

f:id:demcoe:20170312232431j:plain

1階には大きい教室が1つセミナーのために使われていました。メインの会場は2階ということで上がっていきます。

f:id:demcoe:20170312232544j:plain

階段を上がるとセンサーの無料クリーニングサービスが。自分のカメラは特に気になるほこりも無かったのでやってもらいませんでしたが、ひっきりなしに列ができていました。この写真は係の方が離席中に撮ったので人は写ってませんが。

 

さて、ではメインの展示会場に入ります。

f:id:demcoe:20170312232732j:plain

なるほどなるほど。学校の教室1つ分でした。CP+をイメージしてたらこぢんまりにもほどがありますが、とにかく盛況でしたよ。人が途切れることがありませんでした。ブースで格安の直販もしていました。

 

でもなんかメーカーの方とカメラの話をするのが楽しい! という感じの人が多かった気がします。わざわざこのイベントに来るぐらいだから皆さんカメラ好きなんでしょう。

 

そういえば自転車のイベントでも鈴鹿サーキットで行われる大きなイベントで真ん中より速く走れたからといって、地方の小さい大会に出たらほぼ最下位クラスで子供にも負けて泣いて帰ったことがありました。小さいイベントの方がにわか層がいない分、濃いメンツが集まるんですよね。

 

まあ、正直時間をやや持て余したのですが、なんだかんだでセミナーの時間になりました。ちなみに展示会もセミナーも無料です。最初に受講したのはイメージビジョン主催の「ライティングアクセサリー基本的使い方」です。

 

イメージビジョンはクリップオンストロボに付けるディフューザーをいろいろ扱っています。ROGUE、CACTUS、RoundFlashといったメーカーの製品ですね。

 こういうヤツ。このフラッシュベンダー2のS、L、XLを使ったときの効果の違いをサンプル写真で説明してもらいました。ソフトボックスを付ける、付けない。XLでグリッドを付けたとき等々。

 

CACTUSのソフトボックスやRoundFlashのRingとDishなども、その効果をサンプル写真で見ていきます。その場で撮影して実際の効果を見たかった気がしますが、無料セミナーでそれは贅沢ですかね。

 

最後にセミナーで説明してもらったアイテムを安く買えるFAX申込用紙をもらえました。コレは危険なA4用紙だぜ……? カラーフィルターとかAmazonより安いな。

で、お次は本日のメインイベントとも言えるニッシンジャパン主催の「イルコ流クリップオンストロボの上手な使い方」です。これは2コマ110分の拡大版です。ブルガリア出身の人気カメラマン、イルコ・アレクサンダロフさんが講師。

 

イルコさんはライティングの本で出てきたり、YouTubeでいろんな撮影技術を紹介しているので事前に存じ上げてました。

www.youtube.com

で、まあこのセミナーが破天荒すぎでした。イルコすごいな。良くあるセミナーなら最後に聞くはずの「何か質問ありますか」から始まる。しかも手を挙げた人に聞くのではなく、全員から聞く。50人から参加してるのに。iPadでメモしつつ。

 

その質問が一通り満たせるように話を展開していく。私も含めて初めてイルコさんのセミナーを受ける人が多く、「どうやってプロになったの?」系の質問もあったのでイルコさんの来歴から開始。

 

政府特待留学生で日本に来て、神戸大学出て関西学院大学MBA取ってとカメラマンの経歴とは思えない。話を聞いてても頭良いなぁと感じます。

 

まあ「クリップオンストロボの上手な使い方」はどこ行ったんだという気はしますが、勉強になる話が聞けたので良かった。目の前でRAW現像やってくれたりね。

 

あとレンズへのこだわりを話していたときに「135mmF2の開放で結婚式の集合写真撮っちゃった」というセリフが出て笑いが起こりました。

 

ああ、これで笑える集まりって素晴らしいよね。レンズのこと分かってないと笑えないもんね。あ、失敗写真を撮ったという意味じゃないですよ。イルコさんはポリシーを持って集合写真を135mmF2で撮るそうです。

 

後で「それでクレーム来ませんでしたか?」と質問がありましたが、クレームは来なかったそうです。なぜなら依頼主はそういうことをするカメラマンだと分かってオファーしてるから。「自分の好きな仕事をしたいなら、自分のスタイルをあらかじめアピールしておいて、それに乗ってくれる人と仕事するべき」なんだそうです。

 

ま~、それをやり通すのは努力と才能が必要ですけどね。こんな事言えたらカッコいいな~。

 

結局セミナーが終わったのは17:50。当初の予定より1時間遅れ。1.5倍話してもらいました。無料なのに。

 

それで奥さんとの待ち合わせに遅れたけど良しとしましょう。

2017年に発売するニコンの一眼レフはD820とD7300? ということはD750はしばらく現役

デジカメinfoさんでニコンの新製品についての噂が紹介されていました。

digicame-info.com

今年はNikon100周年ということでなんか良いカメラが出るに違いない……と思っているのですが、CP+では見事に不発。

demcoe.hateblo.jp

リストラをしたりNikon DLの発売中止などで今年の前半はニコン社内がバタバタしてるんじゃないかという気がしますね。

 

で、ここに来てD810の後継とD7200の後継の噂ですよ。D810は2014年7月17日発売、D7200は2015年3月19日発売。後継機が夏ぐらいに発売するとしたら2年半~3年というところなので、ちょうど良いですね。

 

D820は高画素機として順当に進化、α7R IIで使われている4,240万画素センサーを載せるのでしょうか? 結構時間経ったし別のセンサーって可能性もあるのかな?

 

D7300は2,000万画素にダウンするという噂が出ていましたね。あれもあくまで噂なので、画素数据え置きで基本性能向上+SnapBridge対応とかになるかも知れません。

demcoe.hateblo.jp

 

また、D750の後継機(D760?)は2017年の遅くか2018年になるらしい。D750は2014年9月25日発売なので結構息の長い機種になりそうです。なんかD750のローンを払い終わったタイミングでD760が出てきそうで怖いな……。

 

フォトアクセサリー・ビレッジ(PAV2017関西)に行ってきます

先月行ってきたカメラの展示会CP+に続いて3月11日に大阪で開催されるフォトアクセサリー・ビレッジ(PAV2017関西)に行ってきます。

 

PAV Home Page

 

このイベントは写真用品メーカー10社が出展するイベントです。CP+のようにカメラ本体メーカーが巨大なブースを出す、というわけではありませんが、アウトレット販売やセミナーが充実しておりより身近な雰囲気で楽しめそうです。

 

今回は完全にセミナー目当てです。ライティング・ストロボ関連のセミナーに予約済み。CP+では通路から沢山の観客の頭越しにセミナーを見ていました。それでもめちゃ参考になったので今回のPAVではさらにじっくり聞けるでしょうから、楽しみなんですよね~。

 

学んだことは実践しないとダメですけどね……。

 

あとセミナー受けたら絶対出てきた機材欲しくなりますよね。もちろん無料セミナーを主催する側の目的ってそこですもんね。会場ではアウトレット販売もやっているらしいし、これはヤバい気がしますね。

 

ビューティーディッシュタイプのソフトボックスとか欲しいですもんね……私がね。

 

 

D750のファームウェアが更新されたぞ~!

3/7にニコン公式サイトでD750の新ファームウェアが公開されました。

Nikon | Download center | D750用ファームウェア

リンク先はWindows版です。今回のアップデートにより変更されたのは以下の部分。

•ワイヤレストランスミッター WT-7 に対応しました。
•以下の現象を修正しました。
- 撮影した画像を再生してRGBヒストグラムを表示させると、画像によってはRGBヒストグラムが正しく表示されない。
- [画質モード]>[RAW + FINE]、[画像サイズ]>[サイズ M]、[自動ゆがみ補正]>[する]の組み合わせで撮影すると周辺の画像がゆがむ場合がある。
- [セットアップメニュー]>[カメラ設定の保存と読み込み]>[保存]の操作をしても[カスタムメニュー]> f[操作]> f5[コマンドダイヤル設定]>[メインとサブの入れ換え]の設定が保存されない。
- 撮影した画像が記録されない場合がある。 

 ワイヤレストランスミッターWT-7はこれですね。

www.nikon-image.com

これはもう完全に業務用ですね。テザー撮影のための。これ使う人は無線LANよりむしろ有線LANでつなげる目的で購入する気がします。もしテザー撮影するとしても長いUSBケーブルでいいかな~。というか仕事で関わるプロカメラマンもみんなUSBでつないでますしね。

 

「現象」の項目については……特に自分が出くわした不具合はないかな。ん?

- 撮影した画像が記録されない場合がある。

えー!? そんなことあったの? これまで1万ショット以上撮ってきて起こったことはないですが。余程低い確率だったのかな? 解決されたのはめでたいですね。

 

今のところ困ってないからそのまま行くのもありですが、落ち着いたらアップデートしてみます。

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

 

  

Nikon ワイヤレストランスミッター WT-7

Nikon ワイヤレストランスミッター WT-7

 

 

Copyright © 2016 デジカメ買い物思考 All rights reserved.