読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメ買い物思考

デジタル一眼レフカメラニコンD750にハマった男がいかにして買い物をしていくかを記録します

ハッキリ言って神カメラ。でもオススメしづらいNikon1 J5

悲劇(?)のカメラ、Nikon1 J5

f:id:demcoe:20160914233705j:plain
※この記事の画像は全てNikon1 J5で撮影したものです(RAW現像)
 
実は私は今のD750を買う前からニコンユーザーだったのです! 今でも現役で使っているそのニコンのカメラこそ「Nikon1 J5」。 

 今回はこのカメラがいかに素晴らしいかを語ります。それなのに何故オススメできないのか。その悲しい理由も……。

いつでも持ち歩けるカメラが欲しい!

当時私は軽いカメラ、いつでも持ち歩けるカメラを探していました。その頃は重い一眼レフやミラーレスに疲れて持ち歩かなくなっていたのです。
 
ただ、カメラ好きの端くれとしてスマホで済ませていて良いのか? という葛藤がありました。そこで目を付けたのが1インチセンサーの「高級コンデジ」。ソニーのRX100シリーズやキヤノンPowerShot Gシリーズを検討していました。
 
でも高級と言うだけあって値段が高い……なかなか買いづらいと思っているところで出会ったのがNikon1 J5でした。

Nikon1 J5は高性能・高コストパフォーマンス 

当時レンズキットで4万円を切っており、それまでの機種はともかくJ5はセンサーの素性が良く高画質だと評判でした。持ち歩きやすさはレンズの出っ張り分、高級コンデジに負けますが十分コンパクト。
 
さらにコンデジにはないレンズ交換の楽しみもある。しかもオートフォーカスが像面位相差AFとコントラストAFのハイブリッド。要は速くて正確なのです。
 
実際Nikon1 J5のオートフォーカスは、入門機の一眼レフより速いです。爆速。タッチパネルでフォーカスポイントを選べるのも超便利。さらに連写速度は驚異の秒間60枚! まあバッファが少ないので一度に20枚しか撮れませんが(つまり0.3秒で連写が終わる)。
 
約2,000万画素の裏面照射型CMOSセンサーは噂通りの高画質。ローパスフィルタがないので解像感バリバリ。日中屋外なら十二分に綺麗な写真が撮れます。
 

f:id:demcoe:20160914234508j:plain

それでもオススメできない理由

ここまでNikon1 J5をべた褒めしてきましたが、じゃあなんでオススメできないのか。それは……今後新製品がほとんど出ないかも知れないんです。
 
Nikon1 J5が発売したのが2015年4月23日。それから丸1年以上、新しいボディが出ていません。それまでは毎年何かしら発売してました。レンズもほぼ出てないに等しい。カメラとセットでしか売ってなかったカラーバリエーションを単体発売したとか、そんなんです。
 
しかもニコンはDLシリーズという高級コンデジの発売を予定しています。発売直前に問題が発生し、ズルズル延期していますが。これが発売されないとNikon1シリーズも動けない感じです。
 
もちろんNikon1 J5を使いつぶすつもりで買うのはアリですよ。実際神カメラだし。ただレンズ交換式カメラとしての発展性がなくなりそうなのが、残念なんですよね。

管理人のジンクスについて

さらに悪いことに持っているカメラがフェードアウトしていくのはこれが初めてではないのです……。そう、ニコンに乗り換える前はミノルタソニーAマウントユーザーだったんですよね~。こちらも現在絶賛フェードアウト中(としか思えない)。
 
私が買ったカメラマウントは消えていく運命なのか……? ニコンFはさすがに大丈夫でしょうけど。
 
え? はい。もちろんセガサターンユーザーでしたよ。
 

f:id:demcoe:20160914234611j:plain

 

【追記】とか言ってたらAマウントの新機種α99Ⅱが発表された。これはNikon1もなんかある?

www.sony.com

広告を非表示にする
Copyright © 2016 デジカメ買い物思考 All rights reserved.