デジカメ買い物思考

デジタル一眼レフカメラニコンD750にハマった男がいかにして買い物をしていくかを記録します

星を撮りたい。風景を撮りたい。広角レンズどうしようか問題


スポンサーリンク

広角レンズで石垣島を撮影したい!

 
レンズを売却した資金を元に新たなレンズを買おうと思います。 
今回狙っているのは広角レンズです。次に石垣島に行くとき、星空の撮影に挑戦したいと思っているのです。ならば手持ちの24-120mmより広いレンズが欲しい……。もちろん風景もバンバン撮りたい。この美しい島は平凡な画角じゃ写しきれないんじゃ~(と物欲を焚きつける)。
 

f:id:demcoe:20160927024725j:plain

 
ニコンの超広角レンズといえば神レンズと評判の大三元(14-24mm)、手ぶれ補正付きの小三元(16-35mm)があります。でもこの2本は予算的にNG……。 候補としてピックアップしたのは以下の3本。
 
ニコン AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 単焦点 約355g 85,000円程度

ニコン AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED ズーム 約385g 78,000円程度

タムロン SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012) ズーム 約1,100g 97,000円程度


各レンズの個人的な印象

 

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

 
単焦点なので画質の心配は無し。開放F値が1.8なので星を撮るのに有利。ただこの中では焦点距離が一番長い。重さは最軽量。石垣島には機内持ち込み10kg制限があるピーチアビエーションで行くので軽いのはありがたい。
 

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

 
ノーマークだったものの調べると結構評価が高い。というか小三元(16-35mm)より解像力が上だと評判。広角端 18mmなので20mmより有利。値段も候補の中では最安。あと異常に重量が軽い。単焦点並み。なんで? でもありがたい。
 

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)

 
一番広角で撮れるのはこれ。しかし値段は一番高いし、断トツで重い。画質の評判は良好。簡易防滴機能あり。手ぶれ補正もないよりある方が嬉しい。星を撮る時は三脚に載せますが。サードパーティー製なのでピントがAF微調整で吸収しきれないほどずれてたら面倒かも? ただ星を撮るときはMFですよね。
 

単焦点で決めようと思っていたが。深まる迷い

 
ニコン20mmでほぼ心が固まり掛けていたのに調べてみると、18-35mmがかなり良さそう。タムロンの15mmは非日常的な写りなんだろうなと思いつつ、重量でくじけそう。……うーん、どうしようか。旅行に行くまでそんなに時間ないのになぁ~。
 
これ、調べれば調べるほど18-35mmが良さそうな気がしてきた。ズーミングで全長が変化しないインナーズームレンズへの憧れもあるし。欲しくなってきたぞ……。
 

18-35mmの実物に触ってみると

 
ヨドバシカメラで実物を見てきたら、プラスチック製の鏡胴だからか安っぽく感じる……。ヨドバシ価格で9万円弱するレンズとは思えない。重量が軽いからかなぁ?
 
やはり値段なりの重みが欲しい……ってイヤイヤ。同じ性能なら軽い方が良いに決まってるじゃないか。フルサイズにしてから重さに対するハードルが下がってるな。いかんいかん。
 

ランキング参加中です。クリックお願いします!にほんブログ村 写真ブログへ

Copyright © 2016 デジカメ買い物思考 All rights reserved.