読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメ買い物思考

デジタル一眼レフカメラニコンD750にハマった男がいかにして買い物をしていくかを記録します

マイルを無料で貯めて年に1度ぐらいは沖縄に行く方法

石垣島 旅行 マイル

やったー。5万マイル貯めたぞー!

f:id:demcoe:20170115154924j:plain

石垣島への旅費が痛い……

さて石垣島が好きだ好きだと言っている管理人ですが、何度も行っているとさすがに懐が寂しくなってきます。格安航空会社ピーチのお陰でだいぶ助かってはいますが。

 

そこで何とか節約する方法がないかと調べた結果、航空会社のマイルを稼ぐ手法が随分進化している様子。いわゆる陸マイラーというヤツですね。ポイントを貯めてマイルと交換して、飛行機代を浮かせてしまおうという物です。

 

その筋のブログを見ていると年間何十万マイル稼げるなど、派手なことが書いてあります。ホンマかいなと思いながら仕組みを学び、実践してみました。

 

結論を言うと「年間何十万マイルを貯めるのはかなりの努力が必要、でも夫婦で年1回沖縄に行くぐらいなら無料で簡単に貯まる」でした。なのでやらないよりはやった方が良いです。 

飛行機に乗らないマイルの貯め方

本来のマイレージシステムは飛行機に乗った距離に応じてポイントがもらえるものです。家電量販店のポイント還元みたいですね。しかし飛行機に乗らなくてもマイルを貯める方法があります。

 

飛行機に乗らずにマイルを貯める手段を駆使する人を「陸マイラー」と呼んだりします。陸サーファーから来ているのでしょう。しかし陸マイラーの方は本当に飛行機に乗れますからね。マイルを使って。

 

乗らずにマイルを稼ぐ方法で一番メジャーなのがクレジットカードのポイント還元だと思います。でもこれは還元率が1.5%程度。良くて2パーセント強。大阪~石垣島はローシーズンで14,000マイル(東京~石垣は17,000)必要なので、100万円近く遣えば貯まる計算。

 

公共料金の支払いなどを全てカードに集中させれば1年で100万円ぐらいは行くかも知れません。これはこれでマイルのポイント源として考えましょう。

 

しかしもっと効率の良い方法があるのです。「ポイントサイトで稼いだポイントを、ソラチカカードを使ってマイルに変換する」です。なおANAマイルの話です。 

ポイントをマイルに変換する方法

ネットにはポイントサイトと呼ばれるサイトがあります。そのサイトを経由して「クレジットカードを作れば10,000ポイント」とか、「楽天で買い物をすれば1%ポイント還元」とか、そういうサービスをやっています。

 

要は広告なんですが、案外高額のポイントが付くものがあったりしてビックリします。現金に変換すれば10,000円程度の案件があります。

 

じゃあ現金にしてそれで旅費の足しにすれば良いかというと、それも効率が悪い。マイルの価値は使い方で上下動しますが平均して1マイル=2円程度と言われています。現金にするよりマイルにする方が価値が高いのです。

 

ただしポイントサイトのポイントを1:1でマイルにすることはできません。マイルには交換できないか、交換レートが悪いかです。

破格のレートでマイルに交換できるソラチカカード 

そこで登場するのが「ソラチカカード」というクレジットカード。これを作ってください。

www.to-me-card.jp

東京メトロのカードですが、東京近郊に住んでいなくても関係ありません。ポイントをマイルに交換するために使います。このカードのポイント制度「メトロポイント」は1:0.9のレートでマイルにできるのです。

 

つまり結構面倒なのですが以下のルートでポイントサイトで稼いだポイントをマイルに高レートで変換できます。以下のような流れになります。

 

ポイントサイト→PeXポイントorドットマネー→メトロポイント→ANAマイル

 

PeXポイントorドットマネーが急に出てきましたが、これはポイント交換サービスです。ポイントサイトのポイントを直接メトロポイントと交換できないのでワンクッション挟む必要があります。これらのサイトは1:1のレートでポイントを変換できます。

 

このルートが分かっていれば後はポイントサイトで簡単にできそうな案件をこなすだけです。大阪~石垣、2名、ローシーズンという条件なら28,000マイルで往復できるので、1万ポイント弱の案件を3件やるだけです。

デメリットについて

無料で飛行機に乗れるなんてそんなにうまい話あるかよ、と思われるかも知れません。その通りでいくつか気を付ける点はあります。でもメリットの方が上回ると思いますよ。

その1 マイルを得るまで時間がかかる

ポイントサイトの案件をこなしてからポイントがもらえるまで。ポイントサイトのポイントを変換するまで。メトロポイントをマイルに変換するまで。これそれぞれ時間がかかります。1~2ヶ月とかかかったりします。「すぐ使いたい」と思っても無理なので気長に貯めましょう。 

その2 ポイントをもらうのに条件が厳しい案件がある

FX口座を作る案件は高額ポイントをもらえるものが多いのですが、条件をよく確認した方が良いです。ある程度の取引をしないと認められない場合があります。何も知らないまま取引をすると、もらえるポイント以上の損失を出すかも知れません。

その3 人気路線はマイルで航空券を買うのが難しい

マイルで買える航空券には限りがあり、人気の路線・日程は航空券が争奪戦になります。それに勝ち抜く必要があります。

その4 何故か沖縄離島は直通便がマイルで買えない

なんでや! 石垣島宮古島など直通便がある路線でも那覇経由の航空券しかマイルで買えません。

実際に管理人が稼いだポイントサイト

冒頭の5万マイルを稼ぐために使ったポイントサイトは以下の2つです。

ハピタス

今のところここが一番使いやすいです。何が良いって1ポイント=1円だから分かりやすい。このレートが異なると直観的に分からないんで面倒なんですよね。PeXとドットマネーどちらにもポイント変換できます。

 

なお2017年3月31日までに以下のバナーをクリックして入会すると1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンをやっています。私にも紹介者としてポイントが入ります。それでもらえるポイントが減ることはありませんが、何となくシャクな場合はハピタスでググって入会してください(笑

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

ちょびリッチ

ここは1ポイント=0.5円なので若干分かりづらい……まあ半分にすれば良いので計算は楽です。ハピタスと同じくPeX、ドットマネーに変換できます。

 

ここの面白いところは飲食店に覆面調査員として行って、飲食代の何パーセントかがポイント付与されるプランがあることです。これだとクレジットカード入会のように「やり尽くしてもうできる案件がない……」という事態もないのが良いですね。

 

こちらも以下のバナーから入会して1ポイントでも稼げば500ポイントもらえます。管理人にもポイントが入るのでシャクな場合は(以下略)

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

さてこれで年1回の石垣島旅行の足は確保しました。でも年3回は行きたいんです……となると他の手段も使って旅費を節約します。「ふるさと納税」です。関西人限定の話になるかも知れませんが……つづく

広告を非表示にする
Copyright © 2016 デジカメ買い物思考 All rights reserved.