読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメ買い物思考

デジタル一眼レフカメラニコンD750にハマった男がいかにして買い物をしていくかを記録します

京都一の桜は遅れてやって来る。まさに「桜」源郷の原谷苑【画像大量】

f:id:demcoe:20170421010056j:plain

桜の名所は数ありますが、ここを超える場所はなかなかないのではないでしょうか。はてなブックマークのPR記事でも京都で1番と挙げられていた場所、それが原谷苑です。

wondertrip.jp

上記のブックマークでも「知らなかった」というコメントがいくつかありましたが、場所柄隠れ家っぽい雰囲気もありますし、まだまだ知られてないのかも。あまり人に教えたくない感がある場所ですしね。

 

といってもウェブも公開されているしTwitterFacebookでも情報提供しているので一見さんお断りってことはないでしょう。

www.haradanien.com

京都一の桜と言うことは日本一といっても過言ではなく、日本一これすなわち世界一でごわすとE.本田も言ってます。ということでご紹介です。

 

原谷苑は個人経営の庭園です。あんまりにも見事なため一般公開されるようになりました。有料ですが、入場料は桜の咲き具合で変化します。見応えのない時期は安く、満開に近づくにつれ高くなります。といっても現在は最大でも大人一人1,500円です。

 

今回は4/19に行って、1,500円でした。ハッキリ言ってエクスペリエンスに比べたら格安です。コスパ良いです。かつては3,000円近くした時もあるようですが、近年は最大1,500円ですね。

 

場所は金閣寺から西に、仁和寺から北に直線を引いて交わるあたりにあります。ハッキリ言って行きづらいです。京都市バスM1系統という路線が原谷の集落に行くのですが、地元の足なので観光客が使うことは推奨されません。

 

桜の時期は原谷苑が無料のシャトルバスを運行してくれます。サービス良すぎですね。わら天神宮の入口あたりから出発し、原谷苑に送り届けてくれます。下の地図のローソンとソフトバンクの間あたりです。

京都駅から来る場合、京都市バス205号系統の金閣寺・北大路バスターミナル行きに乗り、「わら天神前」で下車。わら天神前の交差点を北に渡って、もうちょっと北上すればOKです。地図が古いと交差点にビッグボーイがあることになっていますが、今ははま寿司になっているので注意。

 

以前は金閣寺の近くからシャトルバスが出ていました。今でもそのように書いてあるサイトは情報が古いので注意してください。

 

シャトルバスに乗りさえすれば10分もしない内に原谷苑に到着します。内に入る前からもう桜でいっぱいです。

f:id:demcoe:20170421010038j:plain 原谷苑の桜は八重紅しだれ桜がメイン。なので関西のソメイヨシノが満開になってから1週間ほど遅れて満開になります。今年なら4/8~9の土日がソメイヨシノ満開だったので4/15~16がベストだったのかなと思います。

f:id:demcoe:20170421010039j:plain 

私が訪問したのは4/19。若干ピークが過ぎた感のある開花状況でした。本当は4/17に行く予定だったのですが、大雨の予報だったので断念。平日に行くのは無職だからではなく、休日の混雑を避けるため有給休暇を使うのです。

f:id:demcoe:20170421010040j:plain余程仕事が忙しくない限りは毎年この時期花見のために休みます。それぐらいの価値があるんだから仕方ない。写真が趣味でなくても一度は見る価値がありますよ! 

f:id:demcoe:20170421010041j:plain

原谷苑の桜はとにかく密度がすごいです。個人の庭園だと思うとめちゃ広いですが、それでも歩くと10分ぐらいで1周できます。そのエリア内にこれでもかと桜が咲いています。

f:id:demcoe:20170421010042j:plain 「海」、「滝」、「洪水」と液体で量を例えたくなるぐらいの桜です。これでもピークを過ぎてますからね。

f:id:demcoe:20170421010044j:plain園内には桜だけでなく他の花もたくさん咲いています。普段花に興味がなくても圧倒されてしまいます。

f:id:demcoe:20170421010046j:plain

f:id:demcoe:20170421010047j:plain

苑内には売店があり飲み物や軽食を買うことができます。あちこちに設置されたベンチに座って桜を見ながらゆっくり食べられます。例年、苑内では食事しないことが多いのですが、今回はうどんとソバを頼みました。 

f:id:demcoe:20170421010045j:plain

また紅しだれ弁当を予約すれば屋根のあるお座敷で食事することができます。これはまだ食べたことがないんですけどね。

f:id:demcoe:20170421010048j:plain

今回はD750を購入して初めての原谷苑訪問でした。18-35mmの広角レンズで桜の洪水っぷりを写しまくりです。アップの写真は桜の木が1本あれば取れますからね。原谷苑に来たからには広角レンズでしょう。 

f:id:demcoe:20170421010050j:plain

モデル撮影並みの撮影枚数になってしまいました。

f:id:demcoe:20170421010053j:plain

f:id:demcoe:20170421010054j:plain

f:id:demcoe:20170421010058j:plain

ということで来年もまた行きたいと思います。できれば満開・快晴・平日が重なってくれると一番いいんですが……結構雨に降られることも多いんですよね。

f:id:demcoe:20170421010057j:plain

今回撮影に使ったレンズはこれです。

この前試用させてもらった12mmだとどんな感じで写るかなぁ?

大阪市旭区 城北公園 桜の開花状況(2017年4月8日)

大阪城公園とは比べるべくもありませんが、大阪市旭区に城北公園という大きめの公園があります。

 

大阪市花と緑の情報サイト : 城北公園

 

5月下旬から6月中旬にかけて開花する花菖蒲園で有名な公園です。でも桜(ソメイヨシノ)についても結構な規模で植えられており見所の一つとなっています。

 

4月8日にカメラを持って行く機会があったので開花状況を確認しましたが……満開ですね。

f:id:demcoe:20170410002838j:plain

この土日は大阪でお花見をするにはベストなタイミングだったのですが、空模様が良くなかった。雨は降ったりやんだりでしたが、ついぞ青空を見ることはありませんでした。桜は青空背景で撮りたいんですけどね~。

f:id:demcoe:20170410002841j:plain

バーベキューは禁止ですよ。

f:id:demcoe:20170410002840j:plain

空が入れられないからといって地面を入れてもぬかるんでいるのでね……。

f:id:demcoe:20170410002842j:plain

城北公園には噴水のある池もあります。地味ですが……。

f:id:demcoe:20170410002839j:plain

桜の咲きっぷりは見事でした。

f:id:demcoe:20170410002843j:plain

今年はいつもより開花時期が遅かった感じですね。しかしソメイヨシノ以外の桜はまだこれから見頃を迎える物もあります。上手く撮影できたらまた公開します。

【4/12正式発表!】来週にもニコンの新一眼レフ「D7500(?)」が発表される?【追記あり】

【4/12追記】正式発表されました! ほぼ事前のリーク通りですね。カーボンモノコックボディ万歳。

www.nikon-image.com

 

【追記】軒下デジカメ情報局さんにリーク画像が載っていました。こういうのが出てきたら本番の発表も近いですね!

www.nokishita-camera.com

 

毎度お馴染みデジカメinfoさんでNikon Rumorsの記事が紹介されていました。

digicame-info.com

D7200の後継機に当たるD7500が来週(4/11?)にも発表されるのではないかという記事です。

 

D7200の後継機の噂は最近何度も出ており、発売が近づいているなと言う空気が出ていました。これまではD7300(仮)と呼ばれていましたが、結局D7500という名前になるんですかね。3/31にNikon Rumorsでそんな記事が出ていたようです。

nikonrumors.com

これちょっとD750と紛らわしいですね~。別に何が困るって事も無いんですが……。ああでもD750のことを調べようと検索したらD7500の話も引っかかって来ちゃうな。

 

先日たまたまD7100を持っている人と同行する機会があったのですが、シャッター音はD750より格好良かったですね……。D750の方が高いのにね。

 

D7500は画素数が下がって連写スピードがアップするらしいので、D820やD750の相棒として良いかも知れませんね。画質のフルサイズ機と機動力のAPS-C機という感じで。

 

レンズをAPS-Cで揃えてしまうと同じマウントなのになかなか移行できなくなるというジレンマが発生するのでやっぱり最初からフルサイズを選んだ方が良いんじゃないか、とも思ったりします。

 

レンズと言えば超広角レンズか魚眼レンズも登場するという噂です。シグマの12-24mmレンズがかなり楽しかったので、ニコン純正レンズにも期待したいですね。 

Nikon 超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED フルサイズ対応

Nikon 超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED フルサイズ対応

 

 

 

HなカメラことSIGMA sd Quattro Hを試用してきた。葉脈もあるよ。

ちょっと遅くなりましたが3/25に開催されたシグマのイベントレポート続編です。

demcoe.hateblo.jp

今回ご紹介するのは上記の記事でHなカメラと言っている「sd Quattro H」。センサーサイズがAPS-Cの「sd Quattro」が先行して発売されており、少し遅れて発売したのがセンサーサイズがAPS-Hの「sd Quattro H」です。Hが付いたわけです。

f:id:demcoe:20170325180702j:plain

今回はキットレンズにもなっている24-105mmF4を一緒に借りました。フルサイズ換算の焦点距離は31.2-136.5mmと割と使いやすい画角になりますね。APS-Cだともっと望遠側になるので広角が厳しくなりますからね。

 

このカメラを2016年のCP+で見たときに思ったのがファインダーの位置。普通のカメラよりだいぶ右寄りに付いています。使いにくいのでは? と思っていました。でも実際に使ってみると全然気にならないですね。飛び出しているからかな?

 

SIGMAのカメラというと使い勝手的にやや我慢を強いられると言われています。さすがに普段使っているニコンの一眼レフに比べると各種動作はのんびりしています。でも覚悟して使ったからか「思ったより大丈夫だな」という感想です。SDへの書き込みは待たされるかな。

 

操作についても特にマニュアルを読まなくても設定変更できました。ただ、RAWをDNG形式にしておけば良かった。sd Quattro Hの独自形式だとLightroomで現像できません……。ということで掲載している写真はJPEG撮って出しです。

 

金属でできた狛犬のどアップ。細かい質感や汚れが忠実に描写されております。

f:id:demcoe:20170403004344j:plain

枯れ果てた花の残骸。気持ち悪いほど細かく写りますね。でもISO100でも等倍で見るとノイズがあります。鑑賞サイズなら問題なしですが。

f:id:demcoe:20170403004444j:plain

お、葉脈だ。撮っとけ。

f:id:demcoe:20170403002714j:plain

f:id:demcoe:20170403002725j:plain

花も綺麗に撮れますね。

f:id:demcoe:20170325180012j:plain

建物を撮ってもすごい解像感。

f:id:demcoe:20170403004649j:plain

いやー、これは恐ろしいカメラですね。こんなに「ピーキーすぎてお前にゃ無理だよ」というセリフが当てはまるカメラもないのでは。ハマれば唯一無二の写真が撮れるんじゃないでしょうか。

 

そのハマるシチュエーションが撮りたい物かどうかが、sd Quattro Hが必要かどうかの分かれ目か。風景や静物ならかなり良いのではないでしょうか。テンポが求められるモデル撮影は厳しいかな~。

 

ここ最近のシグマの名作レンズをフル活用するためにも、フルサイズのsd Quattro Fが待望されますね。

 

大阪城公園 桜の開花状況(2017年4月2日)

本日は大阪城公園に出掛けて桜の開花状況を確認してきました。

osakacastlepark.jp

大阪の開花予想は3月30日ということでしたから、まだ開花してからそんなに日が経っていません。あまり咲いてないだろうなぁと思いつつ行きました。結論から言うとまだ3割も咲いてませんでした。見頃はこれからですね。

 

天守閣にいたる極楽橋の上から左右を写した写真がこちら。

f:id:demcoe:20170402235412j:plain

これらの写真だとまだ全然花が咲いているように見えないですね。

f:id:demcoe:20170402235413j:plain

ほとんど花は咲いていませんが、花見客はたくさんいました。まあ外で宴会ができればそれでOKですよね。

f:id:demcoe:20170402235415j:plain

満開になれば良い感じのアングルで大阪城を撮影……。やっぱり華がない。

f:id:demcoe:20170402235414j:plain

ソメイヨシノではない桜は満開に近い物もありました。でも数えるほどしかないんですよね。

f:id:demcoe:20170402235416j:plain

豊国神社の鳥居の横はかなり立派な咲きっぷりでした。

f:id:demcoe:20170402235417j:plain

豊国神社の近くに綺麗に咲いている小さな木がありました。

f:id:demcoe:20170402235418j:plain

大手門近くの枝垂れ桜。ここはいつも早咲きで満開になるのでこの時期は目立ちます。

f:id:demcoe:20170402235419j:plain

次の土日、4/8~9あたりが見頃になりそうですね。

 

あと最近、大阪城に行くと鷹匠猛禽類を披露しています。青屋門の前にいるので気になる人はチェックしてみてください。

f:id:demcoe:20170402235411j:plain f:id:demcoe:20170402235410j:plain

 

D7300の新たな噂が登場。いよいよ発売が近づいているのか?

デジカメinfoさんでD7300についての噂が取り上げられていました。

digicame-info.com

おおむね1ヶ月前の噂と変わりない感じですね。ということは確度が高くなっていると思って良いのかも。

demcoe.hateblo.jp

新たに加わった情報としては8連写とチルト式モニタですかね。ISO感度も新たに情報が出てますね。これはD500同等の100~51,200と。センサーが同じ物らしいですからね。

 

8連写については上記の記事で書いたように思った通り? まあ誰もが予想する妥当なところですよね。立ち位置的にはD500の弟分みたいな感じですかね。画素数は下がりますが、画質を求めるならフルサイズがあるし、APS-Cは機動力重視になるのでしょうか。

 

チルト式モニタについてもD750で採用されていますし、今どきのカメラとしては必須かと。せっかくなので縦位置でもチルトできる3軸チルトにして欲しいところですね。

 

発売時期については触れられていませんが、こういうリーク情報って発売が近づくにつれスペックがどんどん詳しくなっていきます。確実に発売は近づいている感じですね。

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200

 

 

「SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art」試用レポート。超広角12mmはたーのしー!

シグマの「新製品体感イベント2017spring」で試してきたレンズ第2弾です。別メーカーのイベントでは人が多すぎて何も借りられなかったのに、今回はいろいろ試せて楽しかったなぁ~。

demcoe.hateblo.jp

で、今回ご紹介するは「SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art」です。フルサイズ対応で12mmという超広角を実現したこのレンズ。手持ちのレンズで一番画角が広いものでも18mmな私にとっては初体験です。

 

定価220,000円、カメラ店での実売は16万円台というところ。結構お高いですが、これも他にないスペックですからね~。

 

大きく飛び出した前玉。ここまで出てるとフィルターは付けられません。レンズキャップもフードの上からかぶせるタイプになります。

f:id:demcoe:20170325180659j:plain

 

広角は1mm違うと世界が違うといいます。実際12mmで撮影した写真は今まで見たこともない写りになりました。このビルのにょきにょき感。

f:id:demcoe:20170325180007j:plain

会場近くの難波神社で撮影しましたが、本堂を正面から撮るとこんな感じ。この両側のビルは肉眼で見ると本堂の真横に建ってるという印象なのに同じ画面に映っちゃう。カメラを上向きに煽っているので狛犬とかはゆがんでますね。

f:id:demcoe:20170325180005j:plain

なるべく地面と平行に構えるとこんな感じ。違和感はほぼありません。面白さ重視なら煽ったときの異世界感が楽しいです。

f:id:demcoe:20170325180006j:plain

異世界感と言えばこの超広角レンズはファインダーを覗いたときも現実味が薄く感じました。何かというと下の写真。これ真ん中の花にくっつかんばかりに近づいて撮った物です。でもまだまだ遠く見える! ギリギリまで近づいているのに遠く見える。不思議。

f:id:demcoe:20170325180004j:plain

この写真も車にぶつかるぐらい近づいてるのに、ちょっと引いて撮ったように見える。

f:id:demcoe:20170325180003j:plain

これだけ画角が広いと空が入った写真はすぐに太陽が写り込みます。しかしこのレンズは逆光にも強いので安心。下の写真は画面左に太陽が入ってます。ちょっとゴーストは出ていますが、写真全体への悪影響はほぼ無し。

f:id:demcoe:20170326003213j:plain

このレンズはズームレンズなのですが、結局12mmでしか撮影しませんでした。肉眼では決してあり得ない画角は見慣れた風景でも面白い写真に変えてしまいますね。これを活かした作品が撮れるようになったら素敵ですねぇ。

 

 

Copyright © 2016 デジカメ買い物思考 All rights reserved.